加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が県内のニッチな情報をお届けしてます。

黒沼健・異色読物シリーズの第1弾「秘境物語」をようやく入手。

昭和の時代、数々の「怪奇実話」を日本に紹介してくれた、黒沼健先生。

 

年末にネットを眺めていたら、やや高めで購入躊躇してた新潮社刊行「異色読物シリーズ」が、お安い値段でネット出品されていたので、思わず5冊ほどポチってしまいました。

送料込み5冊買っても、三千円超えなかったんで、まあ、いいかな・・・と。

 

なんであと数冊で、新潮社刊行「異色読物シリーズ」は全て気軽に読めるようになります。

 

黒沼健・異色読物シリーズの第1弾「秘境物語」をようやく入手。

 

という事でシリーズ最初、新潮社より1957年に刊行された「秘境物語」から。

 

出かけたついでに立ち寄った、出湯温泉街にある「愛着珈琲出湯喫茶室」で猫を愛でつつ、しばしページめくってました。

 

ちなみにお店で注文したのは、クリームたっぷりの「ウインナコーヒー」。

 

ここに収録されてるお話は、後年刊行された文庫本とかに載ってないものが多いような気がします・・・。

 

黒沼先生の場合、同じネタを書き直ししたり・・・とかもあるんで、印象が違うだけかもしれませんけど。

 

 

この日はお昼頃、月岡温泉まで移動出来たんで、「きぶん一」に立ち寄り、「蒲原ラーメン(600円、替え玉1回無料)」を久しぶりに。

 

月岡温泉街のはずれにある「きぶん一」の蒲原ラーメン

 

「きぶん一」は、お昼だけ営業してる超人気店。

 

駐車場埋まってましたが、タイミング良く1台出てくれたので、何とか食べる事が出来ました。