加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

約500年前から鎮座する「日光社(新発田市上今泉)」に祀られる祭神が、想像以上に多かった・・・。

新年の神社仏閣巡り(笑)で毎度、登場する地元の神社「日光社」ですが、詳細な情報を入手したら、なかなか面白かったので、ここで紹介しておきます。

 

「日光社(新発田市上今泉)」は、室町時代にあたる長享二年(1488年)、付近住民の産土神(土地の守護神)として勤請された神社。

 

約500年の歴史がある、由緒ある神社な訳です。

 

境内には説明看板もなく、子供の頃から今まで「産土神」として何気に参拝しておりましたが、手元にある「加治川村誌(平成17年発行の増補版)」を見てビックリ(笑)。

 

明治時代に付近の神社を多数、合祀した為か「ここは神社のコンビニかっ」って、言いたくなる位、著名な神様が多数、祀られているらしいです・・・もっと早くに誰か教えてくれよなーって思うことしきり。

 

日光社

鎮座地:新発田市上今泉1551番地


f:id:kajiakira:20190307234523j:image

 

まずは「加治川村誌」に載ってた「祭神」をご覧下さいませ。

簡単な補足もつけときます。

 

<祭神(加治川村誌の掲載順に記載しました)>

 ◎八重事代主神(事代主。恵比寿様?)
 ◎天照皇大神
 ◎建御名方神諏訪神社の祭神)
 ◎火之加具土神(加具土神。火の神)

 ◎宇迦之魂命(稲荷神。五穀豊穣、諸産業繁盛、農耕の神)
 ◎大山祗命(山の神)
 ◎伊都岐島姫命(宗像三女神のこと?市杵島姫命田心姫命湍津姫命
 ◎木花咲矢姫命(安産、子安、酒の神)

 

なかなか有名な神様が、揃っておりますね。今まで、知らなかったよ(苦笑)。


f:id:kajiakira:20190307234552j:image

<神社の由来など>

まず、御神木の大杉は、花園天皇時代(1429~1463)に起きた大津波に残った杉と言い伝えられてきた古木だそうです。

つまり樹齢500年以上、神社創建時には生えていた木、という事ですね。

 

神社は前述の通り、長享二年(1488年)、室町幕府第9代将軍・足利義尚の治世(後土御門天皇在位中)、上今泉村の創立と同時に、産土神(土地の守護神)として勤請されたとのこと。

当初、日光谷という地名から「日光宮」と名付けられましたが、後に「日光社」に改称されたようです。

 

で、明治40年(1907年)7月、明治政府の「神社合祀」政策により、付近の神社が多数、合祀されました。

 

この政策にて、日光社付近に鎮座してた「神明社」が多数合祀されてたのですね。

「上今泉神明社」、「松田新村神明社」、「上今泉山神社」、「下城神明社」、「吉田神明社」、「古楯神明社」、「稲荷神明社」、「野中神明社」、「川口神明社」、「関妻神明社」が合祀されたようです

 

蛇足で「神明社」ってどんな神社だろう?と思い調べてみました。


天照大御神」を主祭神とし、伊勢神宮内宮(三重県伊勢市)を総本社とする神社なんですね。

ただ、単に地域を守ってくれる名も知れぬ「氏神様」を祀ってた神社だったかもしれませんけど。

 

近隣の名の知れた神社へわざわざ参拝しなくても、この「日光社」を参拝するだけで、お稲荷さん、山の神、火の神、諏訪神社の神様、安産の神様と・・・・御用があると思われる神様にはほぼ、参拝出来る訳で・・・。

 

案内看板作れば、参拝客増えると思うんですけど、如何なもんでしょう?

まあ氏子なんで、機会があれば神主さんに提案してみます。