加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が県内のニッチな情報をお届けしてます。

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

先日、生憎の雨模様ではありましたが前回、魚沼方面遠征の際廻り切れなかった十日町方面の素敵スポット(パワースポット)まで遠征してきました。

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

 まずは観光名所「美人林」を目指し、そこから湧き出る新潟県の名水「庚清水」を確認。

そして「大棟山美術博物館」敷地内にあり、日本酒の仕込み水として使われていた「柳清水」を確認してきました。

 

まずは十日町市街地より、秘湯・日本三大薬湯の一つ「松之山温泉」へ向かう国道353号線を目指します。

 

土地勘のまったくない地区を大雑把な情報のみで「美人林」に向かったんで・・・。

途中、車一台通れる幅しかない川沿いの山道に迷い込み、かなり焦りましたが、何とか国道353号に復帰(笑)。

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

 

国道353号線に入ったら「松之山温泉」方向へ進みまして、途中「美人林」の案内看板が見えたら右折。

 

「庚清水」湧水する県道350号線を進んだ先の山中に、お目当ての「美人林」があります。

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

 

「美人林」は、松之山の松口地区に広がる、丘陵地帯に残されたブナ林。

 

ブナの木は、木炭の材料にするため大正末期に一度、伐採された様ですが、森が丸裸になるまで伐採された翌年、ブナの若芽が一斉に生えてきたそうです。

 

そんなこんなで約100年経過した現在、写真映えする観光地「美人林」として、全国から注目されている・・・と。

  

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

「美人林」の駐車場に着いた途端、雨足が強くなったので、しばし車で待機。

小雨降りになった頃合いを見計らって、駐車場の横にあった2ヶ所の野菜直売所を眺め・・・。

 

雨足が若干収まってきたあたりで入口付近の杉林の中を通り、ブナの木立並ぶ「美人林」へ・・・。

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

 

「美人林」という看板があるブナ林の中に入った途端、神社の神域に入った時と同じ感覚が・・・。

 ブナ林の中は、周囲の森より「気温が2度ほど低い」そうですので、そのせいか。


ふわふわした枯れ葉敷き詰められた「美人林」の中は、雨音も気にならない、まあ何というか「癒しの空間」のようでした。

 

この森の中に居ると、「幼子が母親に抱かれている」時のような安心感というか、かなり穏やかな気持ちになりますねー。

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

 森の中にはため池がありましたが、ここの水は地下からの湧水が供給源のようです。

このブナ林の地下は、「新潟県の名水」に指定されるレベルの良質な水を貯水してるようです。

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

しばしミ森の中を歩き回っておりましたが、雨降りやまないし、濡れた大地に寝転がる訳にもいかず、早々に撤退しましたけど、また来ます。

 

という事で、「美人林」は「癒しのパワースポット」である事は確認おっけー。

全国各地のスピリチュアル系な人含め、皆さんお勧めする理由を実感出来ました。 

 

という事で最後に、最も気になる「妖精さんの存在」を確認してみました。

 

妖精さんが居るようでしたら、お姿現して下さいー。」


と、お祈りしつつ写真撮ってましたが、戻ってから写真眺めてると、「何かがこちらを覗いてる気配がする」写真が撮れました。

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

 

 

「分かる」方は写真眺め、気配を察して下さい(笑)。

私には「ん?何だこいつは?」という感じで、こちらを覗いてる気配が濃厚に感じられましたけど・・・(効能には個人差がございます)。 

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい

写真の気配から推測するに、「やんちゃな雰囲気」を持った妖精さん達のようです。


癒しのパワースポット「美人林」、秋にもう一度訪問したいと思います。

 

癒しのパワースポット「美人林(十日町市松之山松口)」には妖精さんも暮らしてるらしい


美人林
住所:十日町市松之山松口1712-2付近