加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

「しばたあやめまつり」2018、見頃予想は6月20日

入口付近の道路に「日本四大あやめ園」の、のぼりが立ち並ぶ五十公野公園。

 

f:id:kajiakira:20180611162813j:plain


只今、「しばたあやめまつり」開催中です。

 

f:id:kajiakira:20180611163702j:plain


五十公野公園あやめ園内には、300品種60万本のあやめ(花菖蒲)が植えられているそうですが、6月11日(月)現在の開花状況は「1分咲き」。

 

f:id:kajiakira:20180611163823j:plain


園内に掲示された開花予想によると、見頃は「6月20日(水)」だそうです。

 

f:id:kajiakira:20180611161818j:plain


しばたあやめまつり

期間:2018年6月8日(金)~7月1日(日)
会場:五十公野公園

 

 

ふなぐち菊水一番しぼり200ml×30本

ふなぐち菊水一番しぼり200ml×30本

 

 

菊水 夏の飲み比べ3本セット(FKJ30S)

菊水 夏の飲み比べ3本セット(FKJ30S)

 

 

 

珈琲さとう(胎内市)の見事なバラ庭園へ

複数の知人の紹介で、初めて訪れた胎内市にある「珈琲さとう」。

 

f:id:kajiakira:20180606104314j:plain


初夏の入梅入り直前なこの時期、お店に併設された庭園内に、見事なバラが咲き誇ることから、近隣マダム達の人気社交場となる模様です・・・。

 

f:id:kajiakira:20180606110113j:plain

ちなみに、園内に咲くバラの品種は、200種類越えてるようです。

 

f:id:kajiakira:20180606110714j:plain

新聞、雑誌、TVにも度々掲載されている胎内の隠れ名所といった感じですかね。

 

f:id:kajiakira:20180606105037j:plain

まずは、2種類の自家焙煎オリジナルブレンド

 

●胎内の四季(あっさりとした飲みやすいブレンド)400円
●奥胎内(こくと苦味のあるブレンド)400円

 

から、今日は「胎内の四季」を注文してみました。

 

f:id:kajiakira:20180606110233j:plain

店内が満席でも、天候が良ければ園内にテーブルが何箇所か設置されており、バラを楽しみながら、優雅な一時を過ごす事が出来る模様。

 

f:id:kajiakira:20180606110324j:plain

私がふらっと行った日、某地方紙に、ここの記事が掲載されていたそうです。

 

f:id:kajiakira:20180606110543j:plain

店主らしい、気さくな女性のお話では、「バラの時期だけ賑わいますけど、年中、いろんなお花が楽しめます。」とのこと。

 


「バラの盛りは過ぎた」とのことでしたが、バラの他、アジサイなど多彩なお花が植樹されているので、静かになった頃、再度訪問してみようかと思ってます。

 

f:id:kajiakira:20180606110821j:plain

珈琲さとう

住所:胎内市塩沢1424−7
電話:0254-47-2439

営業時間:10時30分~18時
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)


<ざっくりとした道順>

新潟方向からだと、国道7号線を胎内市黒川庁舎を越え、途中、黒川病院やJA胎内市黒川の看板を見つけ右折します。

至近に、国指定史跡「奥山荘城館遺跡臭水油坪跡」や、同じ道沿いに「隠れ家麺屋 長太」があります。

 

 薔薇(バラ)と言われ、新潟県内で思いつくのは、「二宮家ばら園(聖籠町)」、「お杉ばら園(新潟市西蒲区岩室温泉)」、「国営越後丘陵公園長岡市)」、「冬鳥越スキーガーデン・バラ園(加茂市)」などですが、喫茶店の庭園というのは、初めての体験でした。

 

奥山荘城館遺跡―中世越後の荘園と館群 (日本の遺跡)

奥山荘城館遺跡―中世越後の荘園と館群 (日本の遺跡)

 

 

 

五頭山頂近く、小倉沢から注ぐ魚止の滝(阿賀野市勝屋)へ

五頭連峰県立自然公園」内に位置し、「山葵山・松平山」への登山口を入山し、最初に見えるのが、この「魚止の滝」です。

 

f:id:kajiakira:20180606133630j:plain

「魚止の滝」は、阿賀野市東部にそびえる「五頭山(912m)」に源を発する、大荒川にある滝の一つです。

 

f:id:kajiakira:20180606133822j:plain

2018年5月に発生した「五頭・親子遭難事件」の遺体が見つかった小倉沢は、この滝の上流に位置します。


現場付近の様子は、実際に行ってみないと分からないものですが、この「魚止の滝」付近に居ると、「方向感覚が無くなる」気配が濃厚。

 

木々の芽吹く時期という事もあってか、沢の付近には、山の発する「気」というか、「生命の息吹」といったようなものが、むせ返るほど充満しておりました。

 

五頭山は、弘法大師空海)が修行の場として開いた山なんだそうですが、確かに、普通の山とは違う「何か」を感じる事が出来ますね。

 

f:id:kajiakira:20180606134035j:plain

こんな異質な気が充満した山では、コンパスや地図などを装備せず入山した場合、一旦道に迷うと、取り返しが付かない事が起きる可能性大であるを実感出来ましたよ・・・。

 

f:id:kajiakira:20180606134052j:plain

なお、「松平山は健脚者向きコース」との看板がありますが、入口付近に広い駐車場があるので、車で来た場合、手前の「赤安山・五頭山」登山道より、こちらの「山葵山・松平山」コースを選んでしまうだろうなあ・・・と推測。

 

f:id:kajiakira:20180606134635j:plain

道路の途中にあった「赤安山・五頭山」登山道入口付近は、山の神様を祭る祠があったりして、静寂なる空間でありました。

 

f:id:kajiakira:20180606134843j:plain

この付近にも、登山者用の駐車場を整備しとけば、いいのに・・・と思ったり。


魚止の滝
所在地:阿賀野市勝屋

 

 

 

新潟名滝探検

新潟名滝探検