加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

世事百談「おこつへの窟」は、新発田市赤谷付近にあるらしい(考察続き)

以前の記事

kajiakira.hatenablog.com


の補足というか、続きです。

 

blogs.yahoo.co.jp

 

上記ブログで言及されている、赤谷地区にあるかもしれない、怪異がおきた「おこっへの窟」に関する資料を、新発田図書館でようやく探し出し、確認してきました。

 

 「おこっへの窟」とは、江戸時代に刊行された山崎美成の随筆「世事百談(全4巻)」の「巻3」に収録された話です。

 

その件を言及してたのが、図書館で探し出した「新発田郷土誌・第一号」。

 

新発田郷土誌・第一号
1962年/昭和36年3月30日発行
編集・発行:新発田市史編纂委員会


簡単に探しだせなかった理由は、目次に書いてない記事だったから(苦笑)。

 

目次にある46ページからの「徒遊譚-世臣譜 分註-/執筆:野口幸司」、最後のページ(52ページ)におまけみたいな感じで、

 

◎(赤谷奇題)『おこつへ』の窟/執筆:鬼木生

という記事が掲載されておりました。


以下、「新発田郷土誌・第一号」に掲載された、「世事百談・巻3」の記事を口語訳したものを、引用します。

 

『おこつへの窟』

越後の国、会津領、新発田領の入合いの山に字名『おこつへ』といえる地あり。

 

文政7年(補足:西暦1824年)の夏の頃、戸倉村(補足:現・五泉市の付近)の樵(きこり)7人いひあわせ、山深く尋ね入りたるに、往来の道より二十五丁(補足:約2.7km)程入りこみ、広きところに凡そ人数三十人ばかりも住むべき程の窟あり。

 

その窟の深さ五十間(補足:約55m)も行きたりと思うところ、打ちひらけ、人の六七十人も住むべきほどの窟あり。

 

いづくより明りさし入るか暗からず、それよりおくのかたは、いくばかりとも、その深さ知りがたし、この所より奥へ行くべき穴の口に鉄の格子ありて、いか程押したりとて開くことなし。

をりから何ともなく物すごくおぼえて、おのおの立ちかへりしとかや、その七人のうち三人は、かへると其のまま発熱して、やがて身まかりしといへり。

こは、過しころ友人柳庵のはなしなり

以上、引用ここまで。

 

まず最初に「会津領」と「新発田領」の境目は、現在のどの辺にあたるのか、という話ですが、「会津街道」の情報を調べると分かってきます。

 

会津街道」上にある、現在の新発田市赤谷地区は、かつて「会津藩の北端」であり、会津藩の関所が置かれた、宿場町(赤谷宿)だったそうで。

 

ちなみに、新発田藩の関所は、現在の新発田市山内地区にあった模様。

 

 

阿賀町行地の付近から綱木~赤谷~新発田までは、現在の「県道14号線(新発田津川線)」と、ほぼ同じ道を辿ります。

 

県道14号線から二十五丁(約2.7km)山に分け入った場所は、どんな感じだろうと地図を眺め、距離的に分かり易い例を示すと、要害山の麓に広がる「内の倉ダム」の奥の端あたりになるんですよね。

車で移動してる感覚だと、物凄い近い気がします。

そうすると、要害山を越えた、現在の「内の倉ダム」の端あたりか、反対側の、「真木山~金鉢山~無沢山」で囲まれる付近のいずれかに『おこっへの窟』あったのだろうと推測出来ますね。

 

また、「おこっへ(おこっぺ)」が、アイヌ語の「オウコッペ」だとすると、「川尻の合流した所」という意味らしいので、地図で山からの川の流れが合流してる場所を、探せばいいのかと。

 

さーて、人が三十人も住める広さの窟は何処にあるか?

 

そこから深さ五十間(補足:約55m)進んで、人が六、七十人も住める窟があって、さらに奥の穴に続く口に、「鉄の格子」がある場所とは?


地図を眺めてるだけで、ワクワクしてきます・・・。

 


横道に逸れますが、洞窟の奥の「鉄の格子」という記述で、真っ先に思いついたのが、高橋克彦先生の伝奇小説「総門谷R」シリーズ。

 

岩手県にある早池峰山の地底にある「総門谷」から、京の都までを繋ぐ通路を、地底の洞窟を繋いで作るという描写がありまして。

地底の洞窟を繋ぐ通路が、新発田の赤谷にもあったのかも?とか思ったり。

 

今度、新発田図書館から資料借りてきて再確認しますが、赤谷付近のとある山(どの山か忘れた)には、「天狗伝説」が伝わる山もあるみたいです。

 

さあ、いろいろと面白くなってきましたな(笑)。

 

 

ついでに、ネット界隈では噂になってる、怪異ポイント「黒い森」の件も絡めますか。

上記写真は、阿賀町綱木地区から日本海方面へ、遠方から望むものです(何が言いたいか、分かる人居るかな)。

 

別途、「県道14号線(新発田津川線)」から分岐して、中ノ沢渓谷森林公園に向かう「県道513号(中ノ沢内川線)」付近も今度、ふらり散策してみようかと思ってます。

 

中ノ沢渓谷森林公園ホームページへようこそ!

 

ホームページ内の記述、「中ノ沢集落の奥4Kmの西砥沢と言う所に鉱山があり、明治の終わりより大正の初期にかけ金と銅を産出しました。」というのは、非常に興味がわきますね。

 

これ、昭和37年(1962年)まで金・銀等が採掘されていたという、「三川鉱山(大谷金山)」と同じなのかなあ。

時間のあるとき、確認してみましょう。


<参考文献1>

「世事百談(全4巻)」の原本PDFは、「富山大学学術情報リポジトリ」からダウンロード出来ました。

山崎美成(やまざきよししげ)
世事百談 - 富山大学学術情報リポジトリ

 

<参考文献2>

新発田郷土誌・第一号 [新発田図書館収蔵]
1962年/昭和36年3月30日発行
編集・発行:新発田市史編纂委員会

◎46ページ
徒遊譚-世臣譜分註-/執筆:野口幸司

 

ちなみに「世臣譜(全十九巻)」は、新発田藩家老・溝口長裕が執筆、寛政四年五月(1792)に脱稿したものだとか。

溝口秀勝が高浜の城に入った天正九年(1581)より、寛政四年(1792)春までの、二百十二年間の諸家の事跡を記しているそうな。

 

◎52ページ
(赤谷奇題)『おこつへ』の窟/執筆:鬼木生

 

・1町(丁)は109.09091メートル
・1間は、約1.818 1818メートル

・「戸倉村」は、旧・中蒲原郡村松町(現・五泉市)の付近だと思われる。

 

諏訪神社境内・五十志霊神社に祀られる大竹与茂七の悲しい物語

JR新発田駅から徒歩圏内に鎮座する新発田総鎮守・諏訪神社

先日、その境内・五十志霊神社に祀られる「大竹与茂七」についての話を、新発田図書館に収蔵される書籍で、初めて拝見致しました。

 

まあ、私が生まれた地・新発田に、これほどまでに壮絶な「怨霊話」があったとは。


今でも、新発田の町中で大火事が発生すると、大庄屋と奉行所の役人達の罠に嵌り、江戸時代に無実の罪で斬首された名主・大竹与茂七の祟り「与茂七火事」ではないかと噂されるそうな。

 


さて江戸時代、藩主・溝口氏が治めていた城下町・新発田

その支配地域は、新発田市のみならず、阿賀野川信濃川下流域となる現在の新潟市阿賀野市、加茂市にまで及ぶ広大な地域でした。


そんな訳で当時、新発田藩領だった中之島村(現・長岡市中之島)。

その当時の中之島村・名主が、今回の悲劇の主役「大竹与茂七」です。


さて、宝永元年(1704)に、信濃川水系刈谷田川で大洪水が発生します。

 

村人の信望厚い、名主「大竹与茂七」は、村の堤防決壊を防ぐため、藩有林を無断で伐り、堤防の補強に使うという、「藩の掟」に逆らってまでも、村人のために働いていたそうな。

ちなみに「名主」は、当時の村役人の筆頭(身分は百姓)のことだそうで。


大竹与茂七のこうした無断行為を快しと思わなかったのは、大庄屋の「星野儀兵衛」。

「庄屋」は、村を統括する役職(村長?)だったらしいです。

 

まず、この無断伐採を、新発田藩に訴えを起こしたそうな。

しかしながら、結果は無罪。

 

当然、面白くないのが、訴えた側の大庄屋・儀兵衛。

 

その後「大竹与茂七」は、大凶作の救済のため、大庄屋から借りた借金の返済をめぐり、再び大庄屋・儀兵衛から、新発田藩奉行所に訴えられてしまいます。


前回の無罪判決を悔やむ大庄屋・儀兵衛、名主・与茂七を確実に葬り去るため、奉行所の役人を買収します。


さて、大庄屋から買収された奉行所の役人、名主・与茂七の意見など聞き入れず。

 

最後の裁判では与茂七、残忍にも釘抜きで歯を抜かれてしまい、その場で、無実の罪を着せた関係者達を「呪う」言葉を発したとか。

 

という訳で、大庄屋・儀兵衛らの企みは成功。

 

「大竹与茂七」は、刑場(現・新発田市中曽根町)にて斬首・・・。

 

 

その後、怨霊と化した「大竹与茂七」が城下町・新発田の人々を恐怖に陥れます。

 

まず、無実の罪をきせた大庄屋と奉行所の役人が、次々と謎の「狂い死に」を遂げます。
枕元に、与茂七の霊が姿を見せたんでしょうかねえ・・・。


そして享保4年(1719)、与茂七の無念の魂は「青い火の玉」となり町中を飛び回り、
城下町・新発田の大半が焼ける大火事を引き起こします。

 

この火事は「与茂七火事」と呼ばれ、無念の死を遂げた与茂七の祟りだと怖れられたそうな。

 

その後、新発田藩は、新発田総鎮守・諏訪神社の境内に、藩に功績のあった方々を祀る「五十志霊神社」を建立。

 

そこに何故か、大竹与茂七を「火伏せの神」として祀り、怨霊鎮魂を祈願したそうな。


そのほか現在、村人達が与茂七鎮魂のため建立した「石動神社」が、新発田市中曽根町に移転・鎮座しているとのこと。

 

まあ「与茂七火事」が、ここまで壮絶な「怨霊話」だったとは。

 

嫉妬から、冤罪で殺された人の無念の恨みというのは、恐ろしいものですね。

怨念の凄まじい力が再び、荒れ狂わないよう、祈りを捧げていかねばなりませんね・・・。

 

大竹与茂七 - Wikipedia

新発田総鎮守・諏訪神社(新発田市諏訪町1丁目)へ参拝

JR新発田駅から徒歩圏内に鎮座する新発田総鎮守・諏訪神社

とある関連資料を探すため、新発田図書館に行った帰り、ふらりと寄ってみました。

 

まあ、例の赤谷あたりにあるかもしれない「おこつへの窟」関連資料なんですけどね。
時間かかりましたが、見つかりました。これも別途、記事にする予定。

 

新発田総鎮守・諏訪神社の主神は勿論、「建御名方命タケミナカタノミコト)」。

諏訪大社の祭神として有名ですね。

 

建御名方神」は、神話「古事記」に登場する神様で、出雲大社の祭神「大国主命」の子なのだそうです。


配神に妃神「八坂刀賣命(ヤサカトメノミコト)」、相殿神新発田藩・初代藩主「藩祖溝口大祖源秀勝朝臣命(ハンソミゾグチオオミオヤミナモトノヒデカツアソンノミコト)」が祀られているそうな。

 

私のご先祖様は、新発田藩の下級武士だったらしいので、参拝時、拝殿に祀られる武将の像を拝見すると、背筋がシャキとしましたね。

 

境内には「稲荷神社(御祭神:宇迦之魂命)」、「厳島神社(御祭神:市杵島姫命)」、「古峯神社(御祭神:日本武尊)」があります。

 

そのほか、藩に功績のあった方々や、大竹与茂七を祀る「五十志霊神社」があります。

 

大竹与茂七に関しては、「与茂七火事」として語り継がれる悲しい物語があるそうなので、その話は別途、書いてみたいと思います。

 

厳島神社(御祭神:市杵島姫命)」

 

「五十志霊神社」

 

「大竹与茂七の碑」

 

諏訪神社(新発田市)