加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

台風19号による増水時、大河津分水の様子(燕市~長岡市)

新潟県内にも台風19号迫る、2019年10月13日(日)。用事があり終日、大河津分水付近に居りました。


増水した「大河津分水」の様子をいくつか撮影しましたので、記録兼ね、掲載しておきます。

台風19号による増水時、大河津分水の様子(燕市~長岡市)

まずは大河津分水の寺泊(長岡市)、河口付近の様子。現在改修工事が進行する「大河津分水路 第二床固」と呼ばれる辺りですね。

台風19号による増水時、大河津分水の様子(燕市~長岡市)

いつもならおだやかな流れの河口付近も台風19号による増水で激流化。濁流と水しぶきが物凄いナイアガラの滝の様な様相に。

 

 

 お次は、「JR越後線信濃川分水橋梁(燕市)」の様子。

 

台風19号による増水時、大河津分水の様子(燕市~長岡市)

台風19号による増水で、鉄橋部分まで水が迫ってきています。

 

台風19号による増水時、大河津分水の様子(燕市~長岡市)

時々、流木がぶつかる「ゴン!」という鈍い音が聞えてきました。

 

 

最後の写真は夕方、「大河津分水路 旧洗堰」付近。この時間帯には、水位もやや下がっていたようです。

 

台風19号による増水時、大河津分水の様子(燕市~長岡市)

 

 

決壊するほど増水した長野県内の千曲川。その増水した水が、信濃川本流から「大河津分水」に分流されて、危険水位にまで到達していたようです。

ただ幸いな事に、燕市長岡市(旧寺泊町)界隈に関してはこの日、堤防決壊などの被害もなかったようです。

 

新潟県内では広範囲に渡り停電や、一部道路の冠水などの被害があったとのこと。

信濃川の上流や、津川(東蒲原郡阿賀町)付近でも、堤防決壊や川の水が溢れるなどの被害があったようです。

 

麒麟山酒造さん(東蒲原郡阿賀町)もニュースで報道された通り、蔵が浸水被害に遭われたようなので、応援兼ね、商品リンク貼っておきます。

 

麒麟山伝辛1800ml

麒麟山伝辛1800ml

 

 

麒麟山 超辛口  720ml
 

 

 

 

越後胎内観音に奉納された奇石「童女石」(胎内市下赤谷)

飯豊山地を源流とし、櫛形山脈を横断。胎内高原を流れ、やがて日本海に注ぐ「胎内川」。

その清流・胎内川に架かる「樽ヶ橋」付近(胎内市下赤谷)。

 

越後胎内観音に奉納された奇石「童女石」(胎内市下赤谷)

ここは「道の駅 胎内(たるが橋観光交流センター)」、「樽ヶ橋遊園」、「クアハウスたいない」、「胎内市美術館」などの観光・レジャー施設が集まる地区です。

 

越後胎内観音に奉納された奇石「童女石」(胎内市下赤谷)

この地区の目印ともなっているのが「越後胎内観音」。高台の上に建立された観音像、青銅製では日本最大級らしいです。

「越後胎内観音像」は、昭和42(1967)年08月に発生した「羽越豪雨(羽越水害)」の犠牲者を鎮魂するために建立されたものです。

 

この「越後胎内観音像」の境内「帰林殿」に祀られる「童女石」は、昭和時代のTV放送等を通じ、全国的に有名となりました。

越後胎内観音に奉納された奇石「童女石」(胎内市下赤谷)

 

童女石」が祀られる経緯は昭和46(1971)年07月、「越後胎内観音」参拝者が境内の石を拾った処から始まります。

拾った石を帰ってから綺麗にした処、石に童女の顔が浮かび上がっているのを発見。

この顔が、大水害の際に土石流に呑まれ無くなった幼子の一人に似ていたということで、供養のため「帰林殿」に祀られる事になったとか。

私も昭和の時代から幾度となく参拝しておりますが、石に浮かぶ童女の表情が段々、「朗らか」になってきているような感じがします。

 

越後胎内観音に奉納された奇石「童女石」(胎内市下赤谷)


この「童女石」を拝観するたびに、災害で亡くなられた皆さんが、安らかに成仏される事を祈るばかりです。

 

越後胎内観音に奉納された奇石「童女石」(胎内市下赤谷)


なお隣の「薬師堂」にも、河原で拾われ奉納された石が多数ありますが、「感じない方」の写真撮影は、なるべく控えた方がよろしいかと思われます。

 

 

niigata-kankou.or.jp

 

越後胎内観音像

住所:新潟県胎内市下赤谷384-1

 

 

以降、多少なりとも胎内市の経済にお役に立つよう、胎内川に関連した商品をご紹介しておきます。

 

 胎内高原では、災害の備えとなる「6年保存水」も作られております。

 ペットボトル入りの水もあります。

胎内高原の水 2Lボトル 6本入り 胎内高原ハウス 株式会社

胎内高原の水 2Lボトル 6本入り 胎内高原ハウス 株式会社

 

 

胎内高原といって、まず思い浮かぶのは「胎内高原ビール」ですね。

 

 最近は、麦茶も製造発売しているようです。

 

 

阿賀野市内、極私的パワースポット巡り、2019年09月版

9月30日(月)お昼。

翌日より消費税増税が控える月末・・・。

疲れきった脳と体を癒すため、お昼時に抜け出し、いつもの阿賀野方面へ。

旦飯野神社(阿賀野市宮下968)


まずは、「極私的パワースポット」として最初に認定した「旦飯野神社(阿賀野市宮下968)」へ。

 

旦飯野神社(阿賀野市宮下968)

 

通いはじめた頃に比べ、トイレが作られ、足の不自由な人も参拝出来るようにという配慮なのか、境内裏の駐車場が整備されバリアフリーのスロープが出来るなど、境内が格段に整備されてますね。


この付近、笹岡小学校グランド脇には、新潟県の名水「岩瀬の清水(阿賀野市山崎地内)」がありますが、今回はパス(笑)。


続いて、極私的パワースポットとして新たに(私が)認定する、出湯温泉街に出来た「愛着珈琲出湯温泉喫茶室(阿賀野市出湯738)」へ。

 

愛着珈琲出湯温泉喫茶室(阿賀野市出湯738)


この時はようやく、ランチ限定「スパゲッティ・ナポリタン」をいただく事が出来ました。

蛇足ですが、これ、ドリンクとセットで注文しないと、食べられません。

 

愛着珈琲出湯温泉喫茶室(阿賀野市出湯738)

 

昭和な喫茶店で出されていたたであろう、あの「懐かしい味」を、オリジナルブレンド「愛着珈琲」と共に、堪能。

 

時間があれば、同じ出湯温泉街の一番奥にある、「華報寺共同浴場阿賀野市出湯794)」でくつろぐのですが、これも次回に持ち越し。

 

9月末は訳あって、かなり疲弊していたのですが、「極私的パワースポット巡り」で大分補充されましたね。

 

また来ます、阿賀野