加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

蓬平温泉所縁のパワースポット・高龍神社(長岡市蓬平町)

長岡市蓬平町にある高龍神社は、商売繁盛の神様として、信仰を集める神社。
現在の社殿は、大正9年に建立されたそうです。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

南北朝時代(1336–1392)末期の出来事として、神社の言い伝えに登場する白泉は現在、蓬平温泉の源泉として利用されております。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

山間の清流に囲まれた石山に建立された高龍神社は近年、パワースポットとして人気が・・・。

118段の急な階段を登ると、清清しい雰囲気を感じる事が出来ると思います(個人差はあるでしょうが)。

送信者 新潟の神社仏閣・パワースポット

神社参拝して気がついたのは、ここ「神社+山+滝(清流)」なんですね。

つまり、パワースポットと呼ばれる場所の要素を、多分に含むと言うことで・・・。


こちらの御神体は高龍大神で、境内には神の使いと言われる白蛇の碑が建っております。


高龍神社
住所:長岡市蓬平町1284(蓬平温泉そば)


【高龍神社の言い伝え】

南北朝時代(1336–1392)の末期(1390年)、南北朝の戦いで傷を負った高野木民部永張が、お滝谷の慈光寺(五泉市)に向かう途中、この地に迷い込んだとか。

幸い里人に助けられたそうですが、傷が悪化し、生死の境を彷徨っていたそうです。

その時、夢枕に、日頃信心する丹生川上大神の分身で、この地に鎮座する高龍と名乗る老翁が現れ、白泉(蓬平温泉の源泉)の場所を告げたそうです。

お告げに従い、その白泉にて専心療浴(今でいう湯治かな)した結果、傷が癒え、無事、
慈光寺に向かう事が出来たとか。

話を聞いた里人が、その地(現在の奥の院)に、高龍大神の小祠を建てたのが始まりだそうです。


丹生川上神社(にうかわかみじんじゃ)】

なお、丹生川上神社は、ウィキペディアによると奈良県吉野郡東吉野村にある神社で、古くは「雨師明神」と称され、江戸時代からは「蟻通明神」とも、称されたんだそうです。