加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

水の記憶(秋葉区・新津美術館)−水と土の芸術祭2009

12月27日(日)まで、新潟市内全域で開催しておりました『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』。
なお『新潟市美術館』は2010年1月31日まで。『新津美術館』は1月11日まで開催。

新津美術館の展示スペースに据えられた、土の構造物。
上から見ると十字架のような形状で、腕のように伸びた部分にはガラス張り窓枠が。

薄暗闇、ちょっと異空間に迷い込んだ気分で、解説員さんの説明を聞いておりました。

公式ページの解説は次の通リでしたね・・・・。

土屋公雄 / 水の記憶
廃校になった小学校体育館の窓枠と、新潟の土で壁を構成し、洪水時の「水と土」の記憶を展示している。

art53 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009


※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009