加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

新潟のアイドルグループ「RYUTist」特集記事掲載誌をようやく入手したので

2018年1月25日(木)発刊、新潟の地方紙夕刊(おとなプラス)をようやく入手。

親戚が某紙の新聞配達員をしてるので、慌てずとも手配出来るのが嬉しい限り。

 

f:id:kajiakira:20180201153141j:plain

 

カンケさんなど、楽曲提供したミュージシャンへのインタビューも多数掲載。

しかし、安部Pがあんなに若いとは吃驚。そりゃまだ、徹夜平気なお年頃だよなあ。

 

さて「柳都の”天使”に首ったけ」と題された特集記事を書いたのは、ライター・編集者の河上進さん。

我々は、ペンネームである「南陀楼 綾繁(なんだろう あやしげ)」さんの方が分かり易いんだけど、署名記事に、ペンネームが通らないというのは、なんだかなあ・・・と(ご本人の意思で本名掲載したかもしれないので、この文章は推定)。

ナンダロウアヤシゲな日々

 

f:id:kajiakira:20170917192606j:plain

※写真は「第2回 日本海夕日ラインフェスティバル」より、主催者から許可いただいて撮影したもの。

 

さて、今回記事になってる「RYUTist」は、佐藤乃々子(のんの)、宇野友恵(ともちぃ)、五十嵐夢羽(むぅたん)、横山実郁(みくちゃん)の4人からなる、新潟のアイドルグループ(柳都アーティストファーム所属)です。

ryutist.jp

 

新潟市中央区新潟島と呼ばれる繁華街・古町地区を拠点とし、同地区にある「LIVE HOUSE 新潟SHOW!CASE!!」などで、毎週末にライブを開催しております。

 

f:id:kajiakira:20170917193255j:plain

最新アルバムは、2017年8月にリリースされた「柳都芸妓」。

 

柳都芸妓

柳都芸妓

 

 
2016年8月にリリースされた「日本海夕日ライン」に続き、カンケさん、鎌倉克行(so nice)さん鈴木恵さん、平川雄一The Pen Friend Club)さんらに加え、バルカン坂爪(THE MANDUMS)さん、佐藤望ムッシュレモン)さん、小川タカシ(カンバス)さんなど、シティ・ポップ系の音楽ファンであれば注目せざるを得ないミュージシャン達が楽曲提供しております。


以前から美人が多いと注目される新潟にはその他、「Negicco」や「NGT48」などのアイドルグループが活動しておりますが、古町にこだわり活動続ける「RYUTist」というアイドルグループに一番の親近感を覚えます。

 

安部Pはじめ、スタッフの皆さんには(徹夜とか)無理せずに、末永く活動を続けていって欲しいと願うばかりです。

 

日本海夕日ライン

日本海夕日ライン