加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が県内のニッチな情報をお届けしてます。

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】

糸魚川ユネスコ世界ジオパーク」内にある、24のジオサイトの一つ「小滝川ヒスイ峡」。なお「小滝川」は「姫川」の支流だそうです。

 

今回はジオサイト「小滝川ヒスイ峡」にある「高浪の池」と「小滝川ヒスイ峡」、そして「明星山」を巡った際の写真を、少しだけご紹介。

 

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】


糸魚川市街地からの行き方は、「姫川」に沿う「国道148号線」を山側に進み、JR大糸線・小滝駅手前で看板に従い「県道483号線」へ右折。

 

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】

お天気も良かった林道の途中で見かけた、昆虫達の写真ものっけておきます。

手前の「林道入山線」に進むと「小滝川ヒスイ峡」へ。

 

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】

さらに山側へ進み「平山線」に入ると「高浪の池展望台」経由で「高波の池」に至ります。

 

今回は「県道483号線」から、山側の「平山線」経由でまず、「高浪の池」に向かいました。

 

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】

「平山線」の途中、池が見渡せるポイントに整備された「高浪の池展望台」からの眺めは、こんな感じ。

遠くに「明星山」の岩肌が見えますね。

 

「高浪の池」

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】

 

「高浪の池」は標高540mの白馬山麓国民休養地内にある、赤禿山の地すべりによる出来た池だそうで。周囲およそ1km、水深は13mばかりの池です。


この池では、昭和の時代に「巨大魚」の目撃が相次いだらしいですが、平成に入って以降、目撃情報はないとのこと。

目撃された「巨大魚」は「浪太郎(なみたろう)」、「翠(みどり)」の愛称で親しまれているそうです。

 

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】


高浪の池

住所:糸魚川市大字小滝19336

 

 

www.takanaminoike.com

 

「高浪の池」から、そのまま山道を進み、「小滝川ヒスイ峡」に向かいました。

 

「小滝川ヒスイ峡」

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】

 河原を眺めるポイントが整備されていたので、そこに車を停め、しばし。

 

「明星山」の岩壁がそそり立つ真下を流れる「小滝川」河原は、「ヒスイ」の産地だそうです。

蛇足ながら、日本の遺跡から見つかるヒスイは、全てこの糸魚川の地から産出したものらしいです。

 

小滝川ヒスイ峡

住所:糸魚川市大字小滝

 

 

河原からさらに移動すると、「明星山」の岩肌を見渡せる展望台がありましたので、そこにも停車。

 

「明星山」

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】

 

岩肌そそり立つ「明星山」は、約3億年前のサンゴ礁が移動して出来た石灰岩の山。

 

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】


「小滝川ヒスイ峡」から見える南側の壁は、真下の小滝川から約450mもの高さがあり、上級者向けのロッククライミングの名所。

訪問地にも、2名ほどロープ使って崖を登る人を見かけました。

 

あの岩肌をロープだけで登るなんて・・・怖いよね(笑)。

 

高浪の池と小滝川ヒスイ峡、そして明星山【糸魚川ジオパーク・小滝川ヒスイ峡】

展望台には、案内板も設置されておりました。


明星山

住所:糸魚川市大字小滝

 

 

今回は観光目的でなかったので駆け足で巡りましたが、次回来るときは温泉とか周辺観光含め、ゆっくり巡ってみたいです。 

 

geo-itoigawa.com

 

 

 

◎「国石」糸魚川翡翠 勾玉ストラップ21mm(s14)

◎「国石」糸魚川翡翠 勾玉ストラップ21mm(s14)