加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

「令和」時代になろうとも「昭和レトロ」貫く「公楽園」[燕市熊森]

燕市に広がる田園地帯を貫く国道116号線の新橋交差点そば。

ちなみに、燕三条ICから寺泊アメヤ横町方面に向かう時、こちらの交差点を通りますね。

 

f:id:kajiakira:20190512125039j:plain

 

新橋交差点の付近にポツンと「ホテル 公楽園」なる、まるで昭和から時間が止まったような建物があります。

昭和の時代には、各所にあった「ドライブイン」ですよ・・・要するに。

 

f:id:kajiakira:20190512125120j:plain


看板にもある通りここ、長距離ドライバー向けの施設らしく、24時間営業だそうです。

燕三条の付近は、工場や商社(卸問屋)が多い街なんで、資材や商品を運んだりするトラックが多いのでしょうね。

 

で、1階が遊戯場(ゲームセンター)で、2階が激安ホテル。個室ながら休憩・入浴が1,200円、宿泊が2,880円という激安価格。

 

まあ、これまで怖すぎて、一度も入った事がなかった場所(汗)に、突入してきました。

 

f:id:kajiakira:20190512125437j:plain

 

お目当ては、トーストサンドの自動販売機。
トーストは「ハム」と「チーズ」の2種類から選べます。

只今のお値段が、250円。これ、安いのか高いのか・・・・。

 

f:id:kajiakira:20190512125559j:plain

数分して銀紙に包まれ、熱々のまま出てきたのがこれ。
取り出す時、どうするんだよ・・・と思う位にアツアツな状態で出てきます。

古の頃はトースト2枚だったようですが、インフレすすむ昨今に対応してか、出てきたのは1枚のトーストを半分に切って、中に「ハム」か「チーズ」が挟まれてる「写真に偽りあり(笑)」なブツ。

 

奥の暗がりに、スロットなどのゲームに興じるオッサン達がうごめいていたんで、場違いな私は、ト-スト食べて早々に撤退しました(笑)。

 

f:id:kajiakira:20190512130159j:plain


流石、「昭和スポットの聖地」として全国的に有名になってる場所でしたね。

 

この空気の停滞感はまさに昭和のまま。
まあ、「昭和レトロマニア」が狂喜乱舞する理由が、理解出来たような・・・。

 

なお、海側を眺めると、国上寺とかある、弥彦の山々が見えるんですな・・・。

 

f:id:kajiakira:20190512130227j:plain


ホテル 公楽園
新潟県燕市熊森1286