加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

2016年12月、糸魚川市大規模火災から3ヶ月・・・。

2016年12月22日のお昼頃に発生した「糸魚川市駅北大火」。

糸魚川市・2016年12月の火災現場近く

火災はどんどん広がり、海岸線に沿う国道8号線沿いの住宅まで延焼した模様。

火災現場付近は道路幅が狭く、大型の消防車が入れなかったそうです・・・。

糸魚川市・2016年12月の火災現場跡


糸魚川市大規模火災からほぼ、3ヶ月たった3月某日。

糸魚川市・2016年12月の火災現場跡

ひょんなご縁で、火災現場を訪問する事が出来ましたので、現場の様子を少しだけ撮影してきました。

糸魚川市・2016年12月の火災現場跡


JR糸魚川駅付近から延々と続く、延焼後。ガレキの撤去はようやく目処がついたみたいですね。

糸魚川市・2016年12月の火災現場跡


さて、これからどう復興していくんだろうと呆然と空を眺めていたら、何やら鳥っぽい形になった雲が浮かんでおりました。


帰り際、あれは何の鳥だったんだろうと考えていたら「不死鳥(フェニックス)」の文字が浮かんできました。


あー、これは、この地区が不死鳥の如く復興する「暗示」なんだなあ・・・と、勝手に解釈しておきます。

まずは、火災に遭われた皆さんに、平穏無事な日々が早く訪れますように。