加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

護摩堂山「あじさい茶屋」店主とあじさい談義2016(6/23)

五泉市田上町の境界線が通る「護摩堂山」。

山頂付近は、あじさいの名所となっております。
最盛期には、色とりどりのあじさいが約3万株咲き誇るそうです。

護摩堂山「あじさい茶屋」店主とあじさい談義2016(6/23)

今年6月23日は久々に、田上町側の遊歩道を40分かけ登ってきました。

護摩堂山「あじさい茶屋」店主とあじさい談義2016(6/23)

護摩堂山の山頂付近には「あじさい茶屋」があります。

お店の裏に広がる崖の方が、綺麗な「あじさい」が咲いているという事で、そのあたりの事情を店主の山田弘さんから、トコロテン(250円)を注文したついでに伺いました。

護摩堂山「あじさい茶屋」店主とあじさい談義2016(6/23)

お話を聞くと、一帯の「あじさい」は店主の山田さんが、何十年もかけて植えていったものだそうで。

ただ山頂付近は岩山。

あじさいを植えるにはまったく適していない場所らしく、かなりのコストと労力をかけ、綺麗なあじさいの株を増やしていったとのこと。


近年は、観光資源として活用したい田上町が、山田さんとの話し合いの末、
山頂付近のあじさいを管理しているらしいです。


護摩堂山「あじさい茶屋」店主とあじさい談義2016(6/23)

が、「あじさい茶屋」山田さん管理のあじさいと見比べると、色の発色含め違いは歴然。
あと何故か、山頂側(田上町管理)のあじさいが、どんどん、まばらになってたりしますしね・・・。


そのあたりの経緯も延々お聞きしましたが、流石に、差し障りがあるので割愛(笑)。

何十年にも渡る、あじさいを巡る話は、お喋り好きな「あじさい茶屋」店主から、直接お聞き下さいませ。

私は多分、トータル30分以上に渡り、歴史的抗争もどきのお話を伺う事が出来ましたー。はははっ。

護摩堂山「あじさい茶屋」店主とあじさい談義2016(6/23)

最後に「あじさい茶屋」店主から伝言もどきを。

あじさい茶屋」店舗敷地内から眺める「あじさい」は、ジュース1本のお値段に、十分値する眺めです!

ここ数年は、海外の人が「ジュース買って見れる、絶景あじさいはココですか?」と訪れるほど、有名になってる模様。



護摩堂山湯田上温泉あじさいまつり

期間:2016年6月20日(月)〜2016年7月20日(水)


護摩堂山

住所:護摩堂山山頂あじさい園(南蒲原郡田上町田上)