加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

おひるねハウス(海1)南川祐輝@海[西海岸公園・新潟市中央区西船見町]水と土の芸術祭2015

田園都市新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。


「西海岸公園」多目的広場で、2009年から展示されている「おひるねハウス」。

ちなみに「おひるねハウス」という作品は2004年、愛知県佐久島三河佐久島アートプラン21」で、最初に制作されたものらしいです。

また、南川祐輝さんは「おひるねハウス」で、「2010年建築家フォーラムアワード優秀賞」を受賞しているとか。


送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

日本海に臨む小さな建築物。座ったり、寝ころんだりしながら、海の風と共に、水と土の風景を五感で感じ、未来を考える。


作品:おひるねハウス(海1)(2009)
アーティスト:南川祐輝(Yuuki Minamikawa)
会場:その他

送信者 水と土の芸術祭2015

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)〜10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会