加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

心園の渡り(海2)管懐賓@海[関分記念公園・新潟市中央区関屋]水と土の芸術祭2015

田園都市新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。


関屋分水の脇にある「関分記念公園」にて、2009年より展示される「心園の渡り」。

管懐賓(グァン・ファイビン)さんは、1961年、中国・江蘇省生まれ。
2004年に、東京藝術大学大学院・美術研究科の後期博士課程・油画専攻終了されているそうです。

送信者 水と土の芸術祭2015

作品の説明は、下記の通り。

日本海の彼方に向く、海や境を越えて繋がる心の交流を象徴する造形物。
海と陸(水と土)を渡る、心の交流の現在と過去を見つめ未来を考えるきっかけをつくる作品。


作品:心園の渡り(海2)(2009)
アーティスト:管懐賓(Guan Huai Bin)
会場:その他


水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)〜10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会