加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

佐潟なりわい観測舎(佐1)アトリエ・ワン(塚本由晴/貝島桃代)@佐潟[新潟市西区赤塚]水と土の芸術祭2015

田園都市新潟市全域を会場にしたアート系イベント「水と土の芸術祭2015」が、7月18日(土)から10月12日(月・祝)の87日間にわたり、開催されます。

今回は、新潟市内に点在する4つの「潟」をメインフィールドにし、中央区にある「旧二葉中学校」を、ベースキャンプとしてるそうです。

送信者 水と土の芸術祭2015

新潟市西区赤塚にある、ラムサール条約登録湿地「佐潟」。

送信者 水と土の芸術祭2015

駐車場から遠く離れた場所にあったのが、「佐潟なりわい観測舎(佐1)」

送信者 水と土の芸術祭2015

炎天下の中、大雑把な案内看板に従い、途中、舗装され収穫真っ最中の農道を延々進むという、「一歩間違えば、日射病で倒れるんじゃないかしら?」と思いつつ、作品までの道のり。

送信者 水と土の芸術祭2015


死にかけつつ、ようやく辿り着いた、観測舎・・・階段の途中には、野菜のプランターが。

送信者 水と土の芸術祭2015


作品の説明は、下記の通り。

佐潟の自然環境と、佐潟に関わってきた赤塚集落における生業の深い歴史。
この地のアクター・ネットワークを明らかに紡ぎ出していくドキュメント。


作品:佐潟なりわい観測舎(佐1)
アーティスト:アトリエ・ワン塚本由晴/貝島桃代)
会場:佐潟

送信者 水と土の芸術祭2015

水と土の芸術祭2015

基本理念:私たちはどこから来て、どこへ行くのか

会期:2015年7月18日(土)〜10月12日(月・祝):87日間

会場:4つの潟及び市内全域
◎メインフィールド:鳥屋野潟(中央区)、福島潟(北区)、佐潟(西区)、上堰潟(西蒲区
◎ベースキャンプ:旧二葉中学校(中央区
◎サテライト:天寿園(中央区)、いくとぴあ食花(中央区

主催:水と土の芸術祭2015実行委員会