加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。(東区南紫竹1)−水と土の芸術祭2009

新潟市内全域で『日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009』開催中。

東区南紫竹、国道7号線すぐそばにある旧跡『栗ノ木排水機場』。

マーリア・ヴィルッカラさんの『INTERVALS』と一緒に、
日本の磯辺行久さんによる『栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。』
が展示されております。

な、長いですなタイトルが(笑)。

公式ページの解説は次の通りであります。

磯辺行久(Yukihisa Isobe) / 栗ノ木排水機場は近代農業土木の原点となった。
かつて芦沼と呼ばれた地を排水し、農業基盤に変えていった旧排水機場の遺構の一部を掘り出す。

art9-3 | アート作品紹介 | 日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭2009



※詳細は、下記公式ホームページを参照願います。

日本海政令市にいがた 水と土の芸術祭 2009