加持顕の日々是新潟

新潟在住の加持顕(かじあきら)が、日々思いついた事を書き綴ります。

ブルーノート・ジャズオーケストラ−新潟ジャズ・ストリート12th

新潟ジャズ・ストリート12th 2008/07/19(土)の様子。

こちら、NEXT21内にある市民プラザで行われた「BIG BAND JAZZ CONCERT(新潟市共催)」から、長岡を中心に活動する『ブルーノート・ジャズオーケストラ』の演奏です。
ゲストに新潟ジャズ界の大御所、長沢好宏(ts)さんも参加しておりました。

ブルーノート・ジャズオーケストラ
細木紀克(tp) 白原光明(tp) 吉武穂高(tp) 中林直毅(tp) 
吉田茂人(tb) 小林巧(tb) 土田克雄(tb) 田辺徹(tb) 
清水俊助(sax) 久保宏司(sax) 渡辺憲司(sax) 長田正明(sax) 多田憲孝(sax) 
細木久美(p) 吉田悟(g) 東聡志(b) 加藤健一(ds)
ゲスト:長沢好宏(ts)

★市民プラザ NEXT21 6F[西堀通6]
BIG BAND JAZZ CONCERT/新潟市共催
時間 19:40-20:40

『It Only Happens Every Time』、『Interlude』は、私も学生時代演奏したことがある曲でしたので、思わず自分のパートを口ずさんでしまいました。

セルジオ・メンデス&ブラジル'66 メドレー』は丁度、セルジオ・メンデスのアルバムを聴いている最中だったので、グッド・タイミングでしたね。
ビートルズのカヴァー『デイ・ドリッパー』から『マシュケナダ』まで楽しく聴くことが出来ました。

アンコールは多分、『カメレオン』でしょう。

01. It Only Happens Every Time
02. O Amor En Paz
03. Interlude
04. Strike Up The Band
05. Li'l Darlin'
06. Freckle Face
07. Memories of Duke
08. S.Mendes & Brasil '66 Medley

アンコール
09. カメレオン(H.Hancock)

演奏が高揚してくると、全体のバランスが若干乱れてしまっていましたね(PAのせい?)。

ゲストの長沢好宏(ts)さんのソロ、あと素晴らしい綺麗な高音を響かせてくれたトランペット・セクションの活躍が素晴らしかったです。